2011年10月12日

◎ナース研修期間中も給与支給!ブランク可

「潜在看護師」復職へ、山形大医学部が有給研修コース(アサヒコムより)

 山形大医学部(山下英俊学部長)は1日、資格を持ちながら結婚や出産を機に医療現場から離れた「潜在看護師」の復職支援をする研修コースを新設した。研修期間中も非常勤職員としての給与を支払う。こうした制度は全国的にも極めて珍しいという。

 山下学部長は記者会見で、「実務を通したトレーニングを有給で行ってもらうことで、医療人の育成を形にしたい」と述べた。山大医学部付属病院の大谷和子看護部長は「潜在看護師は全国に65万人いると言われている。研修を通じて、医療現場に戻れる看護師が1人でも増えることを願っている」と話した。

 全国どこからでも応募でき、募集人数の上限は定めていない。研修の日数などは、看護経験など応募者の実情に応じて変わるという。

 また山大医学部は、地域の医療機関に勤務する医師が山大医学部付属病院で給与を得ながら高度で専門的な研修を受けられる「高度医療人研修センター」を、県の寄付講座「地域医療システム」の中に設けた。山下学部長はセンター設置の狙いについて、「大都市と地方(山形)の医師数のアンバランスをすぐにただすというよりは、山大医学部を出た医師にずっと山形県の医療を担っていってもらえるようにすることが目標になる」と説明した。



posted by ナースのお仕事したい!看護師 ブログ at 14:31| Comment(2) | TrackBack(2) | ナースのお仕事とは 求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ブランクあっても給付金支給、看護師の研修・訓練講座

休職中の看護師を再教育、福祉現場底上げへ11月から講座/藤沢(神奈川新聞より)

 福祉現場の看護師不足を解消するため、社会福祉法人「光友会」(藤沢市獺郷)は出版・人材研修業「フィールズ」(同市鵠沼橘)と連携して休職中の看護師の再教育に乗り出す。藤沢市によると、こういった講座開催は全国的にも珍しく、成功すれば福祉のレベルアップにつながることが期待されるという。

 講座は、中央職業能力開発協会の緊急人材育成支援事業を活用し、基金訓練「看護師リカレント科」として実施する。要件を満たせば、受講生には訓練・生活支援給付金(月10万〜12万円)が支給される。

 講師は、五十嵐紀子・光友会理事長、諏訪部政好・前県立愛名やまゆり園園長(臨床心理士)、鈴木知佐子・東京家政学院大学准教授(看護師)ら。訓練期間は11月17日〜来年2月16日の平日(45日間)。座学はフィールズ社のセミナー室、実習は光友会をはじめ県内各地の社会福祉施設で開催する。定員30人。

 「重度障害者のケアには看護師が不可欠だが、現状では医療現場に人材が偏りがち。そこで、子育てなどで休職中の看護師の協力を得ることにした」と光友会の本谷守・理事地域生活部長。

 「福祉現場に興味を持ち、理解を示し、働いてみようかという意欲を引き出す内容にしたい。この講座を成功させ、2回、3回と続けて、ゆくゆくは全国に広げ、福祉現場の底上げをしたい」とも話している。

 募集締め切りは今月15日。19日に面接を行い、受講生を決定する。

 問い合わせは、フィールズ社電話0466(29)2810。
posted by ナースのお仕事したい!看護師 ブログ at 22:54| Comment(5) | TrackBack(75) | ナースのお仕事とは 求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

いい仕事とは?看護師のやりがい

看護師がやりがい訴え (千葉日報より)
高校生針路ガイダンスで  安房健康福祉センター

看護師不足問題が深刻な安房地域で働く看護師を育てようと安房健康福祉センター(安房保健所)は地域の高校生を対象に看護・医療系進路ガイダンスを開いている。14日は南房総市の安房拓心高校で、看護師を目指す生徒らに看護師の仕事や看護学校の生活を紹介した。

 ガイダンスには亀田総合病院(鴨川市)などが協力し、現役の看護師や保健師が医療現場での看護師の役割などをわかりやすく説明した。同高OGで亀田総合病院小児科の看護師、四野宮里枝さん(26)は「小児科はほかの科の勉強もあって大変だけど、退院する子どもたちに『ありがとう』と言ってもらえるのがとてもうれしい」とやりがいを語った。

 亀田医療専門技術専門学校(鴨川市)の説明では、学校生活や学業のほかに、3年間で掛かる学費にも触れ、同校の月額4万5千円の奨学金制度などを紹介した。

 ガイダンスには13人の生徒が出席。看護師不足を知り医療の仕事を目指す中村安那さん(17)は「奨学金制度もあって安心した。看護師は緊張感ある仕事だと思った」。母親が看護師で仕事に興味を持ったという桜井和人君(18)は「前から興味があって参加してみたが、ためになった」と志望を強くしたようだ。

「今後、認定看護師になってマネジメントもしていきたい」ということまでアピール...」
posted by ナースのお仕事したい!看護師 ブログ at 00:25| Comment(5) | TrackBack(114) | ナースのお仕事とは 求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。