2010年06月01日

いい仕事とは?看護師のやりがい

看護師がやりがい訴え (千葉日報より)
高校生針路ガイダンスで  安房健康福祉センター

看護師不足問題が深刻な安房地域で働く看護師を育てようと安房健康福祉センター(安房保健所)は地域の高校生を対象に看護・医療系進路ガイダンスを開いている。14日は南房総市の安房拓心高校で、看護師を目指す生徒らに看護師の仕事や看護学校の生活を紹介した。

 ガイダンスには亀田総合病院(鴨川市)などが協力し、現役の看護師や保健師が医療現場での看護師の役割などをわかりやすく説明した。同高OGで亀田総合病院小児科の看護師、四野宮里枝さん(26)は「小児科はほかの科の勉強もあって大変だけど、退院する子どもたちに『ありがとう』と言ってもらえるのがとてもうれしい」とやりがいを語った。

 亀田医療専門技術専門学校(鴨川市)の説明では、学校生活や学業のほかに、3年間で掛かる学費にも触れ、同校の月額4万5千円の奨学金制度などを紹介した。

 ガイダンスには13人の生徒が出席。看護師不足を知り医療の仕事を目指す中村安那さん(17)は「奨学金制度もあって安心した。看護師は緊張感ある仕事だと思った」。母親が看護師で仕事に興味を持ったという桜井和人君(18)は「前から興味があって参加してみたが、ためになった」と志望を強くしたようだ。

「今後、認定看護師になってマネジメントもしていきたい」ということまでアピール...」
posted by ナースのお仕事したい!看護師 ブログ at 00:25| Comment(5) | TrackBack(114) | ナースのお仕事とは 求職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。